FC2ブログ

☆ I LOVE NY I LOVE CLOTHES☆

NY在住11年目。Fashionに戻り、子育てもしながら、また視点が少し変わった私のNYでの日々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

☆友達とお買い物☆ 

日本にいたときから、友達と買い物に行くことがなかった私。

だいたいいつも時間がないから、自分の見たいものだけ見て、人に合わせずにすむように、いつも一人でお買い物。(とはいっても、友達がいないわけじゃありません!)


ところが、今働いているブティックに来るお客様で、私とは違い、私には理解不能なお客様が多いんです。

というのも、友達と買い物に行くのは、理解できるんだけど、一人の子が迷っている時にその友達が、
自信たっぷりに、

「それはあなたには似合わないよ。」とか、「私それ好きじゃない。」

っていうこと。

まぁ、正直に感想をいってあげるのはいいことだと思うけど、そんなに自信たっぷりにいうわりに、そのこはそんなにおしゃれではないことが多い。

しかも、本人はとっても気に入っていて、私も正直に、似合うと思っているのに、友達は何の権利があってか、自信たっぷりに似合わないという。

そして、そのお客さんは、自分が気に入っているにもかかわらず、友達がそういうなら、、、
と、買わない。

別に友達がなんと言おうと、自分が好きで、自分でお金払うんだから、自分が好きなら買えばいいのに、、、、、


ほんと、私には理解不能。


そして、買い物に来るカップルで、女の子が彼氏に一生懸命、

「これすき?これすき??」


って聞いて、彼も、自信たっぷりに、

「かわいいし、似合うよ。」

っていうもんだから、てっきり彼氏がお金出すのかな?
と思いきや、、、、


女の子が自分で払ってるし!!


別に自分で払うなら、自分で決めればいいじゃん!
って思っちゃう。

彼氏が本当にそのこのこと好きなら、彼女が好きなもの着てほしいって思うと思うし。
(よっぽどでない限り。)

その逆に、本人は気に入っているのにカレが気に入らないがために買わない人もいっぱいいる。




そんな中、先日、女性のお客様が2人来て、一人はカーディガン2種類迷ってて、どっちにしようか迷っていると、どんどん意見を言うその友達。

そして、しまいには、

「どっちも素敵だから両方買っちゃいなよ。」


といい、どっちかを買おうと一生懸命悩んでた当の本人は結局両方買うことに。

人によって、店員が口出ししたほうがいい場合と、そうでない場合があるのだけど、今回は基本的な商品の情報以外はあまり口出しをしなかった私。

なぜって。彼女が、その友達の意見しか聞かないと判断したから。

そして、実際そうだった!

いろんなひとがいるもんです。


日本では販売経験がないから、比較はできないけど、日本人はもっと店員の意見を聞く気がすると思ったりする、今日この頃です。


スポンサーサイト

2008/10/03 Fri. 13:32  edit

Category: いろんなお客様

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://iloveclothes924.jp/tb.php/40-d3c271ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。